FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想体験 居酒屋バイトの女の子 (第3話)

「あああぁ~~~」
まだ触ってもいないのに陽子ちゃんは期待するように喘いだ。

すでにイチジクの形に開いたオ○コが魚の口のようにパク・・パク・・と蠢いている
両手の親指でさらに開げると奥から濁った愛液がドロッと出てきた

愛液は一般に透明でサラサラの娘が多いが、この娘の汁は白っぽくて粘り気がある
その愛液を舌ですくって、お尻の穴からつつつぅ~とクリまでなじませていく
「あん!・・・あ!・・・あ~~~ん」とお尻の穴、オ○コ、クりと移動する度に陽子ちゃんの反応が変わるのがいやらしい
愛液が次から次へと出てきた。まるで火口から湧き出るマグマのようだ
クリだけしばらく責めると、ポタポタと階段に落ちてシミを作った。

本当ならフェラしてもらった後、チ○コを入れるつもりだったが
この妖しく収縮するオ○コがどうしても味わいたくなった
時間ももうあまりない!
誰か来るかも知れない!
ここは雑居ビルの非常階段なのだ!
僕は素早く下半身、裸になりパンパンに張ったカリを握りオ○コに当てて照準を合わせた
「あ!あ~」オコにチ○コをあてがわれて、いよいよ入れられるという観念した声と
これから来る快感に喜びを表す声が混じっていた。

収縮する膣口がチ○コを奥へ奥へと引っ張ろうとする。
その動きに逆らわずに、ゆっくりリズムを合わせてカリを埋めていく。
「う・・・うぅ・・」僕も思わず呻いてしまうほど狭い入り口だった
こりゃ、今日は長くはもたないな・・・

今まで若い子とのSEXしか知らなかった陽子ちゃんは
ゆっくりと挿入されることがとても気持ちよかったようで
「なんで?こんなにゆっくりなのに~・・・・気持ちいいぃ」
「あ~少しずつ入ってくるのがわかるよ!」
途中で止めてみると
「あ!いや!いや!いや!止めないで、もう少しで一番奥なの!」
「お願いですぅ」と自ら腰を浮かせて催促する
またゆっくりと挿入を開始すると、「あ!!」と、あごをそらした

今まで離れていた上半身を彼女の体にあわせ抱きしめる
ズン!
一気に奥を突くと
「あぁ!」と大きな声で叫んだのでキスで口をふさいだ

さらにゆっくりとしたピストンを繰り返す
奥だけは強く突く
ゆっくり抜いて
ゆっくり押して
奥に届くときは早く、ズン!
何度か繰り返しているうちに陽子ちゃんは
「もうだめ、もうだめ」と繰り返すし言うようになった
この娘はSEXで「逝った」ことが無いようだ
「感じ過ぎて怖い?」と聞くと
うんうんとうなずく

休憩時間が終わるまであと5分を切った。
僕も相当追い込まれている(フェラ抜きして無いし)から
ラストスパートに入ることにした

彼女を抱きしめたまま抱え上げ、駅弁の体勢になる
子宮口を圧迫されるのは初めてだったようだ
「あ~~~奥に当たってるのがわかる!」とギュっと抱きついてくる
ゆっさ!ゆっさ!とお尻を揺らしながら1段、また1段と階段を下りていく
踊場まで降りると隣のビルの隙間から道が見えた。駅前なので歩いている人が多い
喘ぎ声が聞こえそうだ。
「見て、外を歩いてる人が見てるよ」
「いや!もぅ見てないでしょうぅ、あ~恥ずかしいこと言わないでぇ」

対面座位に移り陽子ちゃんに腰フリをさせる
どうも動きがぎこちない
なら女性上位に!と移行する
う~~ん、まじで経験が無いようだ
自分でどう動いていいか、わからないらしい
僕が下から彼女の腰を掴み上下に、前後に、円に動かす
僕の体の上で教えられた動きを試すように
陽子ちゃんは腰を自ら振り始めた

しばらく腰をウネウネと動かしていたが
「もぅもぅ休憩時間が・・・あん!あん!」
と上体を重ねてきた。

続く
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

あ~さん

Author:あ~さん
主に風俗の今までの体験談を書いてます。
関西の人妻系ホテヘルがメインですが最近若い系のデリヘルにも進出しています。
他に、盗撮、妄想体験(リアルも含む)も掲載していますので
ご興味のある方はコメント、メッセージなどお気軽に!
リンクもご自由に!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。