FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想体験 資産家の妻(第五話)

響子さんとのセックスはとても刺激的だった
なぜかと言えば、まるで何も知らない高校生とエッチしているようだったからだ

後になって聞いた話しだけど、男性経験も旦那さんだけ
その旦那も30歳も年上で、新婚当初は何度かベッドを
ともにしたがEDを発症してしまい、もう10年もしていない

最近パソコンを買いインターネットで出会い系やアダルトサイトの
体験告白のページを見つけて、「こんな世界もあるんだぁ」と
股間を濡らす日々を送っていた。

ベッドに入った後は、それまで僕を巧みに誘惑した大胆な響子さんから
一変して処女のような恥じらいを見せた
このギャップに僕はさらに興奮した

彼女を服を脱がしパンティ1枚にした。響子さんは顔を手で隠し体を横にしてエビのように丸くなっている
そのウェストから腰のくびれを目で堪能しながら僕も全裸になった

お尻に顔を近づけると、パンティの股間が濡れてオ○コの形が透けて見えた
「奥さん、すごい濡れてますよ、太ももに垂れてる」
とツゥーーーと布の上から縦筋をなぞる
「あぁぁ!!!」
クリにはわざとさわらず、またお尻の穴へと戻る
「いやぁん!!」
お尻は嫌がった
だけど何度も何度も繰り返すと観念したのか声が変わってきた
「お尻、恥ずかしいけど気持ちいいでしょ?」
「いやぁ、、、恥ずかしい」

今度はオ○コの穴を集中して責める
甘たるい声で感じている
時々クリも円を書くように押さえると
「あ!あ!あ!」と大きく反応する
この女もクリが一番感じるようだ

恥ずかしがって嫌がったがクリを徹底的に攻めた
最後はイクことが怖かったのか
「ああ!変、変なの、体がおかしぃの!」とか
「これ以上したら頭が何も考えられなくなるから、やめて!」などと言った
空いている手と口で両乳首への攻めを加えると
「あふうん!あふうん!あふうん!」と鼻にかかった声に変わった

突然、響子さんはギュッっと体が反り返ってイッった

忘我の域にいる響子さんのパンティを脱がせた
そしてしばらく添い寝して、彼女の意識が戻ってくるのを待った

「イッちゃったね」と言うと
「今のが・・・イクってことなんですね」と響子さんは言った
「もしかして、初めてイッたの?」
「はい」と恥ずかしそうに言った

そんな彼女が愛おしくて僕は情熱的なキスをした

「今度は僕をイカせて・・・」と彼女を抱き起こし
仁王立ちになってギンギンのチ○コを彼女に見せた

続く

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

FC2カウンター
プロフィール

あ~さん

Author:あ~さん
主に風俗の今までの体験談を書いてます。
関西の人妻系ホテヘルがメインですが最近若い系のデリヘルにも進出しています。
他に、盗撮、妄想体験(リアルも含む)も掲載していますので
ご興味のある方はコメント、メッセージなどお気軽に!
リンクもご自由に!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。